全1729文字
PR

 マツダ初の電気自動車(EV)となる「MX-30 EV MODEL」が日本でも発売された。MX-30は日本ではマイルドハイブリッド車(HEV)が先に発売されたものの、欧州ではEVしか販売していない。今後はロータリーエンジンを発電用に使う車種も登場する予定であり、EVこそがMX-30の本命だろう。

EVもマイルドHEVも、外観の違いはなく区別はつけにくい。MX-30という一つの価値観を大切にした結果だろう
EVもマイルドHEVも、外観の違いはなく区別はつけにくい。MX-30という一つの価値観を大切にした結果だろう
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 競合車としては、車種形態がまったく異なるものの、ホンダ「e(イー)」が挙げられる。EV性能として同等の数値を持つ。

 リチウムイオン電池の容量はどちらも35.5kWhであり、これによる1充電走行距離はWLTCでMX-30が256km、ホンダイーが259~283kmだ。モーター出力も110kW前後であり、トルクも270~315N・mという水準だ。ただ、車型の違いもあってだろうが、車両重量はMX-30が100kgほど重い。そして、MX-30が前輪駆動(FWD)であるのに対し、ホンダイーは後輪駆動(RWD)である。車両価格は、どちらも451~495万円とまったく一緒だ。

 しかし、両車の運転感覚はまるで違う。MX-30は、マツダがこれまで手掛けてきたエンジン車と同じような運転感覚で走らせることを目指して開発されており、運転していてEVならではの感触はほとんどない。

 例えば、モーター駆動で象徴的な回生の使い方も、ワンペダル操作に代表されるようにアクセル一つで加減速から停止までを右足で制御するのではなく、エンジン車と同じように加速はアクセル、減速や停止はブレーキという踏み分けを求める。

速度計を挟んで、左はパワーと回生の状況を知らせるエネルギーメーター、右側には電池残量を知らせるメーターがある
速度計を挟んで、左はパワーと回生の状況を知らせるエネルギーメーター、右側には電池残量を知らせるメーターがある
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]