全1694文字
PR

 欧州Stellantis(ステランティス)のJeep(ジープ)「コンパス」は、小型クロスオーバーSUV(多目的スポーツ車)として誕生し、2017年にフルモデルチェンジ(全面改良)をして現行の2代目となった。今回、マイナーチェンジ(部分改良)をした車両に試乗する機会を得た。主な変更内容は、内外装のデザインと、安全・快適装備の充実などである。

マイナーチェンジにより、快適性が大幅に向上したと感じた
マイナーチェンジにより、快適性が大幅に向上したと感じた
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジープには、同じく小型SUVの「レネゲード」がある。競合しそうにみえるが、コンパスは小型クロスオーバーSUVと位置付けられるように、より市街地での日常の用途で扱いやすい車種といえる。レネゲードは、内外装を含め、悪路走破を重視している。

 ジープはマイナーチェンジしたコンパスを日本国内に導入する際、競合車としてトヨタ自動車の「RAV4」や「ハリアー」を視野に、価格を設定したといわれる。

 試乗したのは、3車種あるうち、最もグレードの高い「リミテッド」で、この車種のみ四輪駆動(4WD)となる。ほかの2車種は前輪駆動(FWD)だ。

 外観は、フロントグリルの下に、横へ広がる開口部が設けられ、ヘッドライトが全車種でLEDとなった。これまでのキセノンランプに比べ、約2倍の明るさになったという。後ろのコンビネーションランプもLEDになった。

 内装では、ダッシュボード中央の大型10.1インチ画面(スポーツグレードは8.4インチ)が目を引く。ダッシュボード周りは横方向への伸びやかな造形とするため、センターコンソールやドアパネルを一新した。純正カーナビゲーションは採用せず、スマートフォンを利用する「CarPlay」や「Android Auto」を使う。ジープの本拠地である米国はナビゲーションがなくても目的地を目指しやすい交通社会となっているので、そうした発想になるのだろう。

水平基調のダッシュボードに大型画面が設置され、また前方視界にも優れる
水平基調のダッシュボードに大型画面が設置され、また前方視界にも優れる
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 安全装備では、ジープ初となる車線維持機能「アクティブ・レーン・マネジメント」が全車に標準装備となった。