全1624文字
PR

 トヨタ自動車の小型ハイブリッド車(HEV)「アクア」が、2011年の誕生以来、初めてフルモデルチェンジ(全面改良)し、2代目となった。トヨタは「ヤリス」にもHEVがあり、社内で競合関係にある。また他社では、日産自動車「ノート」やホンダ「フィット」が競合車であり、競争の激しい小型HEV市場といえる。

新型アクアの外観は、初代を継承しアクアであることが一目瞭然だが、造形の質は高く、上級車の趣
新型アクアの外観は、初代を継承しアクアであることが一目瞭然だが、造形の質は高く、上級車の趣
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 その中で、アクアがヤリスHEVと全く違った乗り味だったのには驚いた。開発責任者は、「ヤリスは鍛え抜かれた俊敏性」が持ち味で、新型アクアは「上質と安心感」が特徴だと性格分けを解説している。

 その違いを、明らかにする技術が、アクアに初めて搭載されたバイポーラ型ニッケル水素電池だ。ヤリスなどに採用されてきた従来方式に比べ、約2倍の出力が得られるという。これにより、モーター走行は従来の時速15kmから時速40kmまで拡大できたとする。これが、まさに試乗で実感した点で、モーター駆動による応答の良さや、走行中の静粛性の高さがヤリスHEVとは格段の差であった。

ヤリスHEVと同じ直列3気筒エンジンを搭載するが、バイポーラ型ニッケル水素電池によりモーター走行領域が増え、静かで上質な走りとなっている
ヤリスHEVと同じ直列3気筒エンジンを搭載するが、バイポーラ型ニッケル水素電池によりモーター走行領域が増え、静かで上質な走りとなっている
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤリスも発進ではモーターが働くが、まもなくエンジンが始動する。そしてこのエンジン騒音が結構大きくて、気になる。バランスシャフトを持たない直列3気筒エンジンであるだけでなく、トヨタはHEV用エンジンの熱効率を40%以上としたことにより、「カムリ」の直列4気筒も前型に比べ走行中のエンジン音が大きくなっており、HEVの特徴の一つである静粛性や上級車感覚が薄れている。このことは、カムリの開発責任者も認めるところだ。

 ところが新型アクアは、モーター走行領域が広がったことで、市街地での運転では電気自動車(EV)走行の表示がメーター内に表示される機会が多く、高速道路へ入ってからも巡航状態に近づくとEV走行の表示が出るほどだ。またエンジンが始動しても、エンジン回転数をそれほど上げずに済むので、同じHEV用直列3気筒エンジンでも、騒音に気付きにくい。

 外観や内装の上級化に加え、走行中の上質さも高まり、新型アクアは明らかにヤリスHEVと違う商品性を得たといえる。

室内も造形にこだわった様子が伝わり、上級車に引けを取らない印象をもたらす
室内も造形にこだわった様子が伝わり、上級車に引けを取らない印象をもたらす
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]