全2024文字
PR

 マツダのラージ商品群第1弾として新発売されたのが、SUV(多目的スポーツ車)「CX-60」だ。ブランド価値の強化という目標へ向け、新たに直列6気筒エンジンを開発し、搭載している。今回試乗会に用意されたのは、排気量3.3Lのディーゼルターボと小型モーターを組み合わせた48Vのマイルドハイブリッド車だ。

 ボンネットフード下に搭載された直列6気筒エンジンを象徴するように、ロングノーズ・ショートデッキの外観が、これまでの直列4気筒エンジンを横置きにした前輪駆動を基にする他のCXシリーズに比べ、見かけ上の大きな違いになっている。車体寸法は、全長が4.74m、全幅が1.89mで、「CX-5」と比べてもまさしくラージだ。

直列6気筒エンジンの搭載を思わせるロングノーズ・ショートデッキの造形が、CX-60の外観をこれまでのCXシリーズと違って見せている
直列6気筒エンジンの搭載を思わせるロングノーズ・ショートデッキの造形が、CX-60の外観をこれまでのCXシリーズと違って見せている
(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 マツダのディーゼルターボエンジンは排気量が2.2Lまでだったが、今回3.3Lになった。単純に、2気筒分の排気量が増えた計算になる。トルクにゆとりが得られるだけでなく、燃費も改善できたという。燃費向上には、新開発の8速AT(自動変速機)も効果があるはずだ。この新しい自動変速機は、トルクコンバーターを用いず湿式多板クラッチを使う。

エンジンカバーを外して直列6気筒エンジンを見ると、客室側へ寄せて搭載しており、前後重量配分への配慮がうかがえる
エンジンカバーを外して直列6気筒エンジンを見ると、客室側へ寄せて搭載しており、前後重量配分への配慮がうかがえる
(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 前置きがやや長くなったが、新しいエンジンと変速機を搭載したCX-60は、車外でアイドリングを聞いているときにはディーゼルらしさをあまり意識させない静けさがあった。一方で、車内では、ディーゼル車だと思わせる音が耳に届く。ガラガラといったトラックのような騒音ではないが、ゴロゴロという低周波の響きが速度を問わず聞こえてきた。クルマ自体が静粛性に優れるため、ディーゼル音が目立つともいえる。昨今、電気自動車(EV)の導入が増え、乗る機会が増えおり、それもあってディーゼル音を意識させられるともいえる。

内装は上級車種の趣があり、マツダらしいデザインの心地よさがある
内装は上級車種の趣があり、マツダらしいデザインの心地よさがある
(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで拡大表示]