PR

 エヌビディア(NVIDIA)による、自社製GPUのデータセンター使用での使用許諾契約改定が各回答者からはどのように見えるのか、その妥当性と波及効果、ユーザーの自衛策を議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は慶應義塾大学の田口 眞男氏である。同氏は、顧客とサプライヤーの関係とは何かという観点から、今回の件を考えるうえでの論点を提示する。また、NVIDIAとかつての日本の半導体メーカーのビジネスを比較し、顧客とサプライヤーの関係の違いを論じて、得られる教訓を考察している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)