PR

 経営難に陥っていたシャープが、すっかり息を吹き返した。2016年8月に債務超過で東証2部に転落した同社は、その後、鴻海精密工業の傘下に入り、たった1年4カ月で東証1部に復帰。2016年度の下期を境に経常利益は黒字化し、2017年度には通年で純利益でも黒字化した。

 苦境のどん底にあった同社が身売り先を探す過程では、技術の国外流出を懸念する声に応じた産業革新機構の主導による経営再建が有力視されていた。しかし同社は、その道を選ばず、鴻海傘下入りを決めた。当時は、そんなシャープに対して、不安だけではなく批判の声さえあった。

 ところが、業績回復が鮮明になった現在、鴻海からやってきた戴正呉社長の手腕を絶賛する声があふれている。郭台銘董事長に次ぐ鴻海のナンバー2である戴氏は、シャープの社長に就任して以来、部材の共同調達によるコスト削減などの構造改革、既存事業を切り売りすることなく融合を推し進める「One SHARP」と呼ぶ理念の徹底を進めてきた。そして今では、新卒採用は2.2倍に増え、従業員の年間平均給与は17%増加し、株価も約4倍になった。

 過去に数々の世界初、日本初の商品を生み出してきたシャープは、日本の電機メーカーの中でもチャレンジ精神にあふれた企業だと言える。そして、これからの同社は、AIとIoTを合わせた「AIoT」と「8K」で、シャープらしい製品を投入していきたいという。ただし、現時点ではそれを具体化した製品は、極めて断片的にしか見えていない。

 こうしたシャープの復活劇と、その結果として同社が得た未来の行方を考察することによって、多くの日本企業に向けた貴重な示唆が得られることだろう。今回のテクノ大喜利では、復活したシャープのこれまでの経緯と現状から得られる教訓について考えた。最初の回答者は、微細加工研究所の湯之上 隆氏である。同氏は、客観的な事実から同社の業績を再確認して、本当にシャープが復活したと言えるのか再検討した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
湯之上 隆(ゆのがみ たかし)
微細加工研究所 所長
湯之上 隆(ゆのがみ たかし)  日立製作所やエルピーダメモリなどで半導体技術者を16年経験した後、同志社大学で半導体産業の社会科学研究に取り組む。現在は微細加工研究所の所長としてコンサルタント、講演、雑誌・新聞への寄稿を続ける。著書に『日本半導体敗戦』(光文社)、『電機・半導体大崩壊の教訓』(日本文芸社)、『日本型モノづくりの敗北−零戦・半導体・テレビ−』(文書新書)。趣味はスキューバダイビング(インストラクター)とヨガ。
【質問1】鴻海資本下のシャープが復活を遂げた要因を1つ挙げるとすると、何だと思われますか?
【回答】シャープは復活など遂げていない、危篤状態から一命を取り留めたにすぎない
【質問2】シャープは継続的成長を期待できる企業になったと思われますか? 
【回答】思わない
【質問3】継続的成長を遂げるために、シャープが取り組むべき課題は何だと思われますか?
【回答】液晶ビジネスで持続的に利益を上げられるようになること