PR

 かつて日本には、誇れる技術を持つ電機メーカーがたくさんあった。国産1号の鉱石ラジオ、白黒テレビ、電子レンジ、世界初のIC電卓、液晶電卓、携帯音声翻訳機など、世界初・日本初の製品を多く出してきたシャープも、その1社である。

 日本の電機メーカーには、共通するある残念な特徴があるように見える。圧倒的製品の競争力を武器に、一時的に世界市場を席巻するものの、ビジネスでの強みが長続きしないというものだ。シャープが得意とする液晶テレビは、その際たる例である。そもそも、世界市場の中で圧倒的な技術の優位性があるのに、その実力に見合った大きなビジネスができない製品さえある。スマートフォンが登場する前の携帯電話機はその代表例である。

 日本の家電量販店には日本企業の多機能・高性能な製品が所狭しと置いてあるのに、海外では違和感を覚えるほど日本企業の製品の存在感が小さい。海外の家電量販店に足を運んで、そんな印象を持った人は多いと思う。こうした日本市場と海外市場の様子の違いを、「ガラパゴス型の製品ばかり作っているから通用しない」という一言で片付けてよいのだろうか。本当は、優れた製品の価値を、海外の消費者に正しく届ける仕組み作りに失敗していただけではないのか。

 シャープの復活劇を勝手に評価し、復活した同社が得た未来について議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は、服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、世界の電子産業の中で圧倒的な存在感を放つ台湾の鴻海精密工業の傘下に入った意義を、苦境を脱した今改めて考察した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
服部 毅(はっとり たけし)
服部コンサルティング インターナショナル 代表
服部 毅(はっとり たけし)  大手電機メーカーに30年余り勤務し、半導体部門で基礎研究、デバイス・プロセス開発から量産ラインの歩留まり向上まで広範な業務を担当。この間、本社経営/研究企画業務、米国スタンフォード大学 留学、同 集積回路研究所客員研究員なども経験。2007年に技術・経営コンサルタント、国際技術ジャーナリストとして独立し現在に至る。The Electrochemical Society(ECS)フェロー・終身名誉会員。マイナビニュースや日経 xTECHなどに、グローバルな見地から半導体・ハイテク産業動向を随時執筆中。近著に「メガトレンド半導体2014-2023(日経BP社)」「表面・界面技術ハンドブック(NTS社)」「半導体・MEMSのための超臨界流体」(コロナ社)がある(共に共著)。
【質問1】鴻海資本下のシャープが復活を遂げた要因を1つ挙げるとすると、何だと思われますか?
【回答】しがらみなき徹底した鴻海流コスト削減スピード経営
【質問2】シャープは継続的成長を期待できる企業になったと思われますか? 
【回答】期待できる企業になったとは思うが、期待通りに成長するか判断できるまでには至っていない
【質問3】継続的成長を遂げるために、シャープが取り組むべき課題は何だと思われますか?
【回答】利益を上げるのが困難な2大テーマを実現する戦略立案と果敢な実行