PR

 今回のテクノ大喜利では、期待が日増しに高まる量子コンピューターの実用化と産業化、特に半導体などハードウエア・ビジネスの可能性について考えた。

 2つある量子コンピューターの方式のうち、量子アニーリング方式では、カナダのディーウエーブ・システムズ(D-Wave Systems)が2000量子ビットの商用量子コンピューター「D-Wave2000Q」を市場投入した。量子アニーリング方式は、汎用的に使えないが、より賢い人工知能(AI)の学習への利用が検討されている。一方、汎用性の高い量子ゲート方式の技術開発も着々と進んできた。米IBMや米グーグル(Google)などは、1000兆通りの状態を重ね合わせた演算ができる50量子ビットのマシンを数年以内に実現すると見られ、材料開発・創薬での量子シミュレーションなどへの応用が期待されている。

 量子コンピューターは、既存のコンピューターとは、処理の原理やシステム構造が大きく異なる。物置のような見た目の機体内部は、天井から鍾乳石のような柱が垂れ下がっただけの空間。その柱の先に処理中枢である特殊なチップがたった1個取り付けられている。半導体チップや配線で埋め尽くされた従来型コンピューターとは別物だ。

 こうした異質な機器を実用化と産業化する際、従来型コンピューター向けに最適化した電子技術やビジネスの仕組みがどのように役立つのか、その道筋は見えていない。そこで、以下の3つの質問を各回答者に投げ掛けた。

【質問1】量子コンピューターの実用化と産業化に、半導体産業はどのような貢献ができると思われますか?
【質問2】量子コンピューターの普及は、半導体ビジネスの成長に、どのような効果をもたらすと思われますか?
【質問3】量子コンピューターの活用で、半導体産業のビジネス運営や技術開発には、どのような波及効果があると思われますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

表1 テクノ大喜利「量子コンピューター、半導体産業への波及効果」回答まとめ
[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「量子コンピューター、半導体産業への波及効果」回答まとめ