PR

 韓国サムスン(Samsung)グループは、2018年8月8日、2018年から2020年までのグループ企業の開発・設備投資計画を明らかにした。総額は、3年間で180兆ウォン(約18兆円)という極めて巨額なものだ。そのうち、約6割を半導体、1割を液晶・有機ELパネル、その他3割をスマートフォンや家電の分野に振り向けるとする。そして、同社が「4大未来成長事業」と呼ぶ“AI”“バイオ”“5G”“車載部品”の育成を加速するため、25兆ウォン(約2兆5000億円)を重点的に投じる予定である。

この記事は有料会員限定です

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)