全4663文字

 長く続く生みの苦しみ。SiCなど非Si系のパワーデバイスのビジネスを客観的に見ると、そのような印象がある。電力効率向上や応用機器の小型・軽量化に向けて、応用サイドの期待は極めて高い。しかし、生産や応用の拡大に欠かせない、非Si系の特徴に合った製造装置や材料、利用技術などは、急激にはそろわない。

 エコシステムの整備が先か、それとも整備を後押しする需要の爆発が先か。そんなジレンマの中で、非Si系デバイスを活用する機運が膨らんだり、縮んだりしている。期待が大きい技術であるだけに、時代を先に進める何らかの方策が必要ではないか。

 非Si系パワーデバイスの生産や利用を後押しエコシステムの整備に付随して生まれる商機について議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は、服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、非Si系デバイスのビジネスが、まだまだニッチであることを再確認したうえで、ビジネスとして成立させながら応用拡大していくための仕組みとしてのファウンドリーの重要性を指摘している。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
服部 毅(はっとり たけし)
服部コンサルティング インターナショナル 代表
服部 毅(はっとり たけし) 大手電機メーカーに30年余り勤務し、半導体部門で基礎研究、デバイス・プロセス開発から量産ラインの歩留まり向上まで広範な業務を担当。この間、本社経営/研究企画業務、米国スタンフォード大学 留学、同 集積回路研究所客員研究員なども経験。2007年に技術・経営コンサルタント、国際技術ジャーナリストとして独立し現在に至る。The Electrochemical Society (ECS)フェロー・終身名誉会員。マイナビニュースや日経xTECHなどに、グローバルな見地から半導体・ハイテク産業動向を随時執筆中。近著に「メガトレンド半導体2014-2023(日経BP社)」「表面・界面技術ハンドブック(NTS社)」「半導体・MEMSのための超臨界流体」(コロナ社)がある(共に共著)。
【質問1】非Si系のパワーデバイスの生産に関連して、今後、新たな商機が生まれる可能性があるサプライチェーン上の商材は何だと思われますか?
【回答】非Siファウンドリー事業
【質問2】非Si系パワーデバイスに関連して、今後、新たな商機が生まれる可能性がある非Si系パワーデバイス関連の利用技術は何だと思われますか?
【回答】非Si系デバイス周辺の高周波・高温特性を向上させた電子部品
【質問3】非Si系パワーデバイスが市場成長することで、デバイスメーカー以外で成長が期待できる企業はどこだと思われますか?
【回答】非Si系基板メーカー