全2811文字
PR

 新型コロナウイルスの影響が顕在化する以前、米国のGAFA+(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)や半導体メーカー、半導体製造装置メーカーなどは株式市場から高い評価を受けていた。株式時価総額は絵に描いたような右肩上がりだった。こうした高い時価総額を背景にしてこれらの企業は資金調達が容易になり、積極的な研究開発投資や設備投資が可能だった。しかし、新型コロナウイルスの影響で状況は一変した。世界中のあらゆる業種の企業の株価が急降下している。では、好調だった電子業界に関連する企業の状況はどうなったのだろうか。

 回答者の方々の視座から見える新型コロナウイルスの影響が及ぶ可能性を洗い出している今回のテクノ大喜利。5番目の回答者は、東海東京調査センターの石野雅彦氏である。同氏は、GAFAや半導体メーカーなど、電子業界に関係する主要な企業の時価総額の動きをリポートした。さらに、新型コロナの影響を最初に受けた中国のスマートフォン(スマホ)市場、対応策として注目されているテレワーク関連市場など、ミクロな動きを追うと好調な部分もあることを指摘した。

(記事構成は、伊藤 元昭=エンライト
石野 雅彦(いしの まさひこ)
東海東京調査センター シニアアナリスト
石野 雅彦(いしの まさひこ) 山一証券経済研究所、日本興業銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を経て、東海東京調査センターのシニアアナリストとして半導体、ディスプレー、通信などテクノロジー企業および産業を対象にした調査・分析に従事している。
【質問1】中国の電子産業に及ぼす影響に関して、特に気になる点をお聞かせください。
【回答】新型コロナウイルスの世界的な拡大による世界の経済活動の停滞
【質問2】日本の電子産業に及ぼす影響に関して、特に気になる点をお聞かせください。
【回答】世界的な株価急落と個人消費の失速による急激な業績悪化
【質問3】長期的視野から見た際の、世界の電子産業に及ぶ影響があればお聞かせください。
【回答】不連続な経済が引き起こす劇的な技術革新の進展