全3704文字
PR

 全世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)。人々の生活や経済活動、社会の営みを未曽有の大混乱に陥れている。新型コロナが世界経済に与える影響の大きさは、現時点では測りきれない状況だ。電子産業に与える影響に関しても同様である。

 その発端は、「世界の工場」である中国だった。このため、中国国内の工場が操業停止したことによる製品生産への直接的影響、さらには電子機器の生産のサプライチェーンの寸断が懸念された。ただし、中国での感染拡大の沈静化にともなって、製品や物資の供給面での影響は徐々に回復に向かっているようだ。その一方で、感染拡大が加速している欧米やその他地域では、外出禁止勧告が相次いで出され、ビジネスや消費の活動がストップしている状況だ。電子産業の主要市場での需要の停滞が懸念されている。

 新型コロナの影響拡大は、現在進行中である。まだまだ、最終的な影響を論じる段階ではないかもしれない。しかし、どのような部分に、いかなる影響が及ぶ可能性があるのか洗い出しておくことは、適切な身構えを考えるうえで大切だと思われる。そこで、今回のテクノ大喜利では、回答者の方々の視座から見える、新型コロナウイルスの気になる影響の切り口を指摘していただいた。

【質問1】中国の電子産業に及ぼす影響に関して、特に気になる点をお聞かせください。
【質問2】日本の電子産業に及ぼす影響に関して、特に気になる点をお聞かせください。
【質問3】長期的視野から見た際の、世界の電子産業に及ぶ影響があればお聞かせください。

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

表1 テクノ大喜利「新型コロナの電子産業への影響」回答まとめ
表1 テクノ大喜利「新型コロナの電子産業への影響」回答まとめ
[画像のクリックで拡大表示]