全3431文字
【質問2】もしも、あなたが携帯機器の開発者ならば、全固体電池の特徴を生かして、どのような機器を開発しますか?
【回答】ブレスレット型フレキシブル・スマートフォン

 本稿著者は、スマートフォンを家の中のどこかに置き忘れてしまい、家人に電話してもらってその呼び出し音で見つけ出すことが多い。だから、腕時計あるいはブレスレットのように手首に巻き付けておけるフレキシブルなスマートフォンが欲しかった。

 スマートフォン用ディスプレー・パネルは、OLEDの登場で薄くなり、今は2つ折り端末が実現する段階に至った。原理的にフレキシブル化は可能であり、プリント基板のフレキシブル化も可能である。ただし、今は折り曲げられない、容積の大きなリチウムイオン2次電池がネックで、2つに折りたたむスマホがやっとの段階である。いずれ量子ドット有機EL(QD-OLEDさらにはQD無機EL)の登場で、ディスプレーはさらに薄膜化が期待されている。全固体電池も薄型フレキシブル化が可能になれば、フレキシブル・スマホの実現も夢ではないだろう。当面は、リング状にならなくても、多角形であってもさほど不便ではないだろう。文字の大きな時計の代わりにもなるだろう。

 すでに中国のレノボ(Lenovo)やロヨル(Royole)などからコンセプトの発表はあった。現状の技術では実現が難しいが、近い将来、実現の可能性は高い。

図2 フレキシブル・スマートフォンのコンセプト
図2 フレキシブル・スマートフォンのコンセプト
出所:ロヨル
[画像のクリックで拡大表示]