全4838文字
PR

 トヨタ自動車とNTTという日本を代表する巨大企業の組み合わせによる異業種連携によって生み出すべき、スマートシティーの新たなビジョンとそれに関連した新ビジネスについて議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は、服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、新しいビジネスの創出に取り組む両社トップの発言から既存ビジネスの拘泥している様子を嗅ぎ取り、不安要因を指摘している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料