全4585文字
PR

 米中の覇権争いによって世界の電子機器のサプライチェーンが新たな枠組みへと移行することを見据えて、関係企業に及ぶ影響について議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は、元 某ハイテクメーカーの半導体産業OB氏である。同氏は、米国が中国との覇権争いに臨むために施行する規制の数々を精査し、日本企業が置かれている状況を冷静に分析した。そこから導き出される結論は、早期に的確な対応策を打ち出さない限り、限りなく暗いものになりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料