全4089文字
PR

 製造業では、力のある大きなメーカーがサプライチェーンの構築を主導するのが常だ。自動車業界はその最たる例だろう。鉄の結束で結ばれたケイレツが、頂点に君臨する自動車メーカーの高効率な生産を支えている。こうした体制の中で部品・材料を調達することを前提に生まれた生産方式が「Just in Time(JIT)」である。しかし、現在では日本においてもケイレツの結束は緩みつつある。自動車メーカーはサプライヤーに仕事を回しきれず、サプライヤーは宗主企業以外からも仕事を得ないと生き残れない時代になってきた。果たして、こうした状況下でJITを維持できるのだろうか。

 非常事態への対応を見据えたJITのニューノーマルについて議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、JITを、恫喝(どうかつ)に従う弱者に強者が甘える不健全な体制であると断じている。そして、もっと現代的なサプライチェーンの管理・運営をデジタルトランスフォーメーション(DX)を推し進めることで構築すべきだと指摘している。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
大山 聡(おおやま さとる)
Grossberg 代表
大山 聡(おおやま さとる) 1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマン・ブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年よりIHS Markitで、半導体をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。2017年9月に同社を退社し、同年10月からコンサルティング会社Grossberg合同会社に専任。
【質問1】非常事態への対応を見据えたJITの見直し・改善を推し進める必要性を感じますか?
【回答】見直し・改善は必要だと思う
【質問2】あなたがJITを非常事態に強いものへと見直し・改善する際、どのような問題点・不備に着目した解決を目指しますか?
【回答】サプライチェーンにおけるボトルネック部分に対する保険のかけ方を考える
【質問3】JIT以外、どのような部分で非常事態を想定したニューノーマルを考える必要があると思われますか?
【回答】開発・生産・物流・販売およびすべての関連業務においてDXを推進し、社内外の事業環境の健全性を考慮した仕組みを考えるべき