全2477文字
PR

 ローカル5Gとは、産業IoT(Internet of Things)を活用したい企業や自治体などが、自らの目的に合った無線通信を構築・運用できる仕組みである。多種多様な産業IoTのニーズにキメ細かく合わせたシステムを構築できるため、一見、無線通信の利用効果と効率を最大化しやすいように感じる。しかし、一般に、カスタム製品は仕様を最適化する代償として、高いコストを支払うことになる。ローカル5Gもまた、この大原則から逃れられるものではない。たとえ、通信事業者が採用するものよりも簡素な機能しか持たない基地局を使ったとしても、それに大幅なカスタマイズが求められたり、生産台数が少なかったりすれば、低機能でも高価になりかねない。

 ローカル5Gの応用・ビジネスの行方と、産業IoTの発展への寄与について議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者は、東海東京調査センターの石野雅彦氏である。同氏は、ローカル5Gを、産業IoTの活用に貢献するより効果的な仕組みにするためには、グローバル展開も含めたスケールメリットが得られる手段を確保しておくことが重要になると指摘している。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
石野 雅彦(いしの まさひこ)
東海東京調査センター シニアアナリスト
石野 雅彦(いしの まさひこ) 山一証券経済研究所、日本興業銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を経て、東海東京調査センターのシニアアナリストとして半導体、ディスプレー、通信などテクノロジー企業および産業を対象にした調査・分析に従事している。
【質問1】ローカル5Gは、産業IoTの応用や利用の拡大に大きく貢献すると思われますか?
【回答】日本の限られた範囲で貢献するが、グローバル化によるスケールメリットを得ることが課題
【質問2】LPWAやWi-Fi 6など、競合する無線通信技術では実現できない、ローカル5G固有の特徴が生きる応用は何だと思われますか?
【回答】地方創生
【質問3】産業IoT向け以外の応用も念頭に置いて、ICT企業やFA企業のローカル5G関連ビジネスは、大きく育つと思われますか?
【回答】ローカル5G関連ビジネスの単独成長は容易でない