全3191文字
PR

 新型コロナウイルスの影響で、2020年のトピックの1つだった5Gスマートフォンの商戦はすっかり出鼻をくじかれてしまった感がある。ただし5Gは、スマートフォン向けよりも、産業IoT(Internet of Things)への応用がメインだと言われている。本番は、工場設備や社会インフラのモニタリング、スマート農業などで応用の開拓が進むこれからだろう。

 日本では、産業IoTでの5G応用を後押しすべく、独自の通信事業者認可制度を導入した。2019年12月に制度化された通信事業者以外の企業・自治体が運営する自営5G「ローカル5G」である。既に、高速・大容量に向けたミリ波による28GHz帯の免許が取得可能になり、Sub6の4.5GHz帯の割り当ても検討されている。今回のテクノ大喜利では、ローカル5Gの応用・ビジネスの行方と、産業IoTの発展への貢献について議論した。

【質問1】ローカル5Gは、産業IoTの応用や利用の拡大に大きく貢献すると思われますか?
【質問2】 LPWAやWi-Fi 6など、競合する無線通信技術では実現できない、ローカル5G固有の特徴が生きる応用は何だと思われますか?
【質問3】産業IoT向け以外の応用も念頭に置いて、ICT企業やFA企業のローカル5G関連ビジネスは、大きく育つと思われますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

表1 テクノ大喜利「ローカル5GはIoT活用の起爆剤になるか」回答まとめ
[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「ローカル5GはIoT活用の起爆剤になるか」回答まとめ