全2954文字
PR

 米中間での覇権争いが激化し、米国中心のグローバル経済から中国を引き剥がす、デカップリングの動きが活発化している。半導体やITをはじめとするハイテク分野での争いは、紛れもなく最前線にあるといえる。

 これまで米中両国の間では、電子産業やIT産業を営むうえで、相互依存していたといえる。自由闊達な気風に支えられて斬新な技術とビジネスを創出できる米国、巨大な市場と人口を背景にした生産力と開発力によって最新技術を商品に変える力を持つ中国といった、ある種の役割分担の構図があったように思える。ところが、ハイテク覇権争いの激化・定常化で、電子業界やIT業界の企業は、開発・生産・応用開拓などの体制を再構築する必要性に迫られつつある。

 こうした状況に際して、こと技術開発に関しては「米国が圧倒的に強いのでは。シリコンバレーのようなテクノロジーの聖地は米国にあるのだから」と考える人は多い。特に、米国以上に、日本でその傾向が高いように思える。でも、本当にそうなのだろうか。歴史をひもとけば、覇者の交代が起こる背景には、多くの場合、前覇者の過信・慢心や周囲の固定概念に基づく思い込みがある。

 そこで、今回のテクノ大喜利では、米中のハイテク覇権争いでの技術開発のパワーバランスについて中立的立場から議論した。最初の回答者は、アーサー・ディ・リトル・ジャパンの三ツ谷翔太氏である。同氏は、技術開発や事業開発での米中両国のイノベーション創出力が、デカップリングによってどのように変化するのか論じている。

(記事構成は、伊藤 元昭=エンライト
三ツ谷 翔太(みつや しょうた)
アーサー・ディ・リトル・ジャパン パートナー
三ツ谷 翔太(みつや しょうた) 世界最初の経営戦略コンサルファームであるアーサー・ディ・リトルにて、エレクトロニクス産業を中心とした製造業に対する新規事業戦略・研究開発戦略・知財戦略の立案支援、ならびに経済産業省を中心とした官公庁に対する産業政策の立案支援に従事。GAFAに代表されるグローバルプラットフォーマーが独占的地位を得る時代から、自律分散型の企業モデルが息を吹き返す時代への移行を見通した、フラグメント化する世界 ーGAFAの先へーを日経BP社から出版(共著)。
【質問1】ハイテク関連の技術開発において、中国が米国に勝る点はどこでしょうか?
【回答】豊富な資金・人材と、テストベッドとしての場
【質問2】ハイテク関連の技術開発において、米国が中国に勝る点はどこでしょうか?
【回答】イノベーションを支える人材の多様性。少なくともこれまでは
【質問3】米中のハイテク分野でのデカップリングによって、日本のハイテク関連産業にはいかなる影響が及ぶと思われますか?
【回答】目先の議論に加えて、日本版のイノベーションモデルを熟考すべき