全4725文字
PR

 日本の家電メーカーやコンピューター・メーカーが世界市場で強力な競争力を誇っていた時代、各社は内製の独自チップを開発・製造するために半導体部門を立ち上げた。ところが、半導体の開発・製造に要する投資が、機器事業の投資を超える額にまで膨らみ、同時に水平分業の業界構造が定まってきたことで、リスクが大きい半導体部門は次々と分社化されていった。

 時代は巡って、今、独自チップが電子機器の価値を大いに高める時代が再びやってきた。独自チップ開発を進める企業は、米国や中国の巨大企業が中心だ。しかし、日本企業の中にも、グローバル市場での競争力を維持・強化するため、果敢に独自チップ開発に踏み込む必要がありそうなところがある。

 独自チップ開発が拡大していく潮流を見据えて、電子産業における開発と生産のフレームワークが今後どのように変わっていくかについて議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、自動車業界に注目し、CASEトレンドに沿ってクルマの価値と構造が大きく変化していく中での、自動車メーカーによる独自チップ開発の価値について論じた。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
大山 聡(おおやま さとる)
Grossberg 代表
大山 聡(おおやま さとる) 1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマン・ブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年よりIHS Markitで、半導体をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。2017年9月に同社を退社し、同年10月からコンサルティング会社Grossberg合同会社に専任。
【質問1】独自チップ開発は、機器メーカーやIT企業の競争力を高めるための論点として、今後定着していくと思われますか?
【回答】広く普及するとは思えないが、一部の大手企業には定着すると思われる
【質問2】独自チップ開発の動きは、パソコン、サーバー、スマートフォン、ゲーム機以外の分野にも広がっていくと思われますか?
【回答】自動車に広がる可能性がある
【質問3】仮に、独自チップ開発の動きが拡大・定着することで、プロセッサーやSoCを扱う半導体専業メーカーのビジネスはどのように変わると思われますか?
【回答】 SoCメーカーにとって、Teacher Customerとの連携がより重要視される