全2915文字
PR

 米Apple(アップル)が「Mac」に搭載するマイクロプロセッサーを、米Intel(インテル)製から独自開発の「Apple Silicon」に変えたのと同じ動きが、すぐにWindowsパソコンを扱うメーカーにも広がるとは思えない。また、スマートフォン・メーカー各社が次々と独自チップを開発したとしても、すべての米Qualcomm(クアルコム)製アプリケーションプロセッサーが置き換わっていくとも思えない。ただし、これら半導体専業メーカーは、大口顧客を失うことは確かであり、何の対策も施さなければ事業規模の縮小は免れないだろう。独自チップ開発の潮流を打破する、またはその潮流に乗った新たな戦略が必要になってくる。

 独自チップ開発が拡大していく潮流を見据えて、電子産業における開発と生産のフレームワークが今後どのように変わっていくかについて議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者は服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、さまざまな応用分野で有力な機器メーカーやIT企業による独自チップ開発が進む中で、半導体専業メーカーにとっての具体的な活路について考察した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
服部 毅(はっとり たけし)
服部コンサルティング インターナショナル 代表
服部 毅(はっとり たけし) 大手電機メーカーに30年余り勤務し、半導体部門で基礎研究、デバイス・プロセス開発から量産ラインの歩留まり向上まで広範な業務を担当。この間、本社経営/研究企画業務、米国スタンフォード大学 留学、同 集積回路研究所客員研究員なども経験。2007年に技術・経営コンサルタント、国際技術ジャーナリストとして独立し現在に至る。The Electrochemical Society (ECS)フェロー・終身名誉会員。マイナビニュースや日経クロステックなどに、グローバルな見地から半導体・ハイテク産業動向を随時執筆中。近著に「メガトレンド半導体2014-2023(日経BP)」「表面・界面技術ハンドブック(NTS社)」「半導体・MEMSのための超臨界流体」(コロナ社)がある(共に共著)。
【質問1】独自チップ開発は、機器メーカーやIT企業の競争力を高めるための論点として、今後定着していくと思われますか?
【回答】既に定着していると思う
【質問2】独自チップ開発の動きは、パソコン、サーバー、スマートフォン、ゲーム機以外の分野にも広がっていくと思われますか?
【回答】思う。特に自動運転車向け
【質問3】仮に、独自チップ開発の動きが拡大・定着することで、プロセッサーやSoCを扱う半導体専業メーカーのビジネスはどのように変わると思われますか?
【回答】低価格薄利多売で勝負、さらに高度化したASSP(Application Specific Standard Product)の開発、新たな顧客や市場開拓、独自チップ開発者への支援など