全3738文字
PR

 2020年9月14日、ソフトバンクグループ(SBG)が、傘下の英Arm(アーム)の全株式を米NVIDIA(エヌビディア)に最大400億米ドルで売却すると発表した。NVIDIAがArmを手中にすれば、同社の競争力を高める強力なカードとなることは想像に難くない。

 ArmのCPUコアは、スマートフォンやデジタル家電、今秋(20年秋)以降に登場する米Apple(アップル)のパソコン新製品、さらにはスパコン世界一になった「富岳」まで広範な応用をカバーしている。現在の電子業界でArmのCPUコアに関わっていない企業はないのではと思えるほど広く、多くの応用と顧客、エコシステムを擁している。自動運転車やAI関連で市場の期待を集めているNVIDIAではあるが、本格的成長を実現するのはこれから。現時点で巨大な存在感を誇るArmのビジネスを手に入れれば、期待された未来の実現がグッと近づくことだろう。

 ただし、裾野が広いArmは、SBGのような半導体ビジネスに直接携わらない、ある種中立な企業グループが持っていたからこそ、据わりが良かった面があるようにも思える。そこで今回のテクノ大喜利では、もはや半導体業界、IT業界、電子業界のインフラと言える存在であるArmがNVIDIAに売却されることの影響について議論した。最初の回答者は元 某ハイテクメーカーの半導体産業OB氏である。同氏は、NVIDIAとSBGにとって短期的な利益が得られることは認めるも、業界関係企業にとってのメリットが見いだせない迷惑なM&Aであることを指摘。Armを売却するとしたら、どのような企業が理想だったのか考察している。

(記事構成:伊藤 元昭=エンライト
半導体産業OB(はんどうたいさんぎょうOB)
某社リサーチャー
半導体産業OB(はんどうたいさんぎょうOB) 半導体産業をはじめとする電子産業全般で豊富な知見を持つ某ハイテクメーカーのOB。某国公認会計士でもある。現在は某社でリサーチャーを務め、市場の動きをつぶさにウオッチしている。
【質問1】NVIDIAは、Armのビジネス価値を最大化できる売却先だと思われますか?
【回答】短期的には大きくできる
【質問2】ソフトバンクグループが、Armの売却先としてNVIDIAが最適と考えた理由は何だと思われますか?
【回答】手っ取り早く金が欲しかったから
【質問3】ユーザー企業やエコシステムを形成する企業にとって、NVIDIAは好ましいArmの売却先だったと思われますか?
【回答】全くもって好ましくない