全3416文字
PR

 ソフトバンクグループ(SBG)にとって傘下の英Arm(アーム)は、あらゆるものがインターネットにつながるIoT時代の先行きを正確に見通す「水晶玉」と評されていた。スマートフォンやテレビ、クルマ、産業機器など、ネットにつないで利用するあらゆる電子機器にArmコアが搭載され、その利用状況からIoT関連の動向をつぶさに知ることができるからだ。

 しかし、同グループの投資ファンドが、とても好成績とは言えない状況を見れば、水晶玉は思ったほどの効果はなかったようだ。それとも、それを使う占師の眼が曇っていたのか。いずれにせよ、SBGは水晶玉を手放し、生き残るために必要な資金を得るべく動いた。これで本当に、同グループの未来が開けたのだろうか。

 もはや半導体業界、IT業界、電子業界のインフラと言える存在であるArmが米NVIDIA(エヌビディア)に売却されることの影響について議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、今回のM&AによってArmの存在価値自体が大きく毀損する可能性があることを指摘。結局は、買う側のNVIDIAにとっても良い結果にはならないのではとみている。

(記事構成:伊藤 元昭=エンライト
大山 聡(おおやま さとる)
Grossberg 代表
大山 聡(おおやま さとる) 1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマン・ブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年よりIHS Markitで、半導体をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。2017年9月に同社を退社し、同年10月からコンサルティング会社Grossberg合同会社に専任。
【質問1】NVIDIAは、Armのビジネス価値を最大化できる売却先だと思われますか?
【回答】思えない
【質問2】ソフトバンクグループが、Armの売却先としてNVIDIAが最適と考えた理由は何だと思われますか?
【回答】買収の提示条件(400億米ドル)が良かったから、と推察される
【質問3】ユーザー企業やエコシステムを形成する企業にとって、NVIDIAは好ましいArmの売却先だったと思われますか?
【回答】思えない