全2892文字
PR

 2020年9月14日、ソフトバンクグループ(SBG)が、傘下の英Armの全株式を米NVIDIA(エヌビディア)に最大400億米ドルで売却すると発表した。

 ただしArmは、SBGのような半導体ビジネスに直接携わらない中立的企業グループが持っていたからこそ据わりが良かった面がある。実際、NVIDIA以外の半導体メーカーからは、今回のM&Aについて大きな懸念を語る声が多い。そこで今回のテクノ大喜利では、もはや半導体業界、IT業界、電子業界のインフラと言える存在であるArmがNVIDIAに売却されることの影響について議論した。

【質問1】 NVIDIAは、Armのビジネス価値を最大化できる売却先だと思われますか?
【質問2】ソフトバンクグループが、Armの売却先としてNVIDIAが最適と考えた理由は何だと思われますか?
【質問3】ユーザー企業やエコシステムを形成する企業にとって、NVIDIAは好ましいArmの売却先だったと思われますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表1の通りだ。

表1 テクノ大喜利「Arm、NVIDIAへの売却の衝撃」回答まとめ
[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「Arm、NVIDIAへの売却の衝撃」回答まとめ