全5362文字
PR

 電子産業とIT産業の成長は、半導体業界の進化によって支えられてきた。その進化をリードし続けてきた企業が米Intel(インテル)である。半導体業界は、川上の製造装置や材料、川下の応用機器を開発するセットメーカー、そしてその開発を支援するデザインハウスなど多彩な企業によるエコシステムが存在する業界である。そうした半導体業界のあらゆる企業が、Intelが打ち出す技術戦略やビジネス戦略に注目し、時代の潮流を推し量っていた。まさに同社は、半導体業界の絶対的王者だった。

 最近、技術開発と事業の両面で精彩を欠くIntelが、仮にファブレス半導体メーカーになったら、半導体業界にどのような影響が及ぶのかを議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は、服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、半導体主要メーカーの技術ロードマップを再点検し、現在のIntelのポジションを明確化した。そして、回答者後記の中で、同社の力が衰えたことを好機と見た競合の猛攻による、半導体業界の新たな戦国時代の幕開けを示唆している。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
服部 毅(はっとり たけし)
服部コンサルティング インターナショナル 代表
服部 毅(はっとり たけし) 大手電機メーカーに30年余り勤務し、半導体部門で基礎研究、デバイス・プロセス開発から量産ラインの歩留まり向上まで広範な業務を担当。この間、本社経営/研究企画業務、米国スタンフォード大学 留学、同 集積回路研究所客員研究員なども経験。2007年に技術・経営コンサルタント、国際技術ジャーナリストとして独立し現在に至る。The Electrochemical Society (ECS)フェロー・終身名誉会員。マイナビニュースや日経xTECHなどに、グローバルな見地から半導体・ハイテク産業動向を随時執筆中。近著に「メガトレンド半導体2014-2023(日経BP社)」「2桁成長光ファイバー・半導体(毎日新聞出版eBOOK)」「有機EL・半導体バブル(毎日新聞出版eBOOK)」「半導体・MEMSのための超臨界流体」(コロナ社)がある(共に共著)。
【質問1】仮にIntelがファブレスになったとして、同社のビジネス競争力が今よりも強化されると思われますか?
【回答】 Intelより先進のファウンドリーの最先端プロセス利用で、競争力は(同社比で)今よりは強化される
【質問2】Intelがファブレスになることで、得をする半導体メーカーはどこだと思われますか?
【回答】TSMC
【質問3】Intelがファブレス半導体メーカーになった時、IT業界や電子業界、半導体業界にどのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】 Intelに依存度が高くTSMCに依存度の低い半導体製造装置メーカーは大打撃を受け、TSMCに依存度の高いメーカーは売上増加のチャンス