全5447文字
PR

 もしも米Intel(インテル)がファブレス半導体メーカーになったら、一体どのような影響が及ぶのか。今回のテクノ大喜利は、こうした仮定の下で、議論している。この議論をする際に、どうしても影響力の変化をセットで論じなければならない半導体メーカーがある。おそらく、Intelの最大の委託先になる可能性が高い台湾TSMCである。仮にIntelがファブレス化すれば、デジタル系の半導体チップの大部分を同社が製造することになる。

 半導体は、現代社会における戦略物資である。現在激化している米中覇権争いは、まさに半導体の調達を巡って起きている。その戦略物資の製造が、台湾のたった1社に集中することになる。これは、大変なことが起きる予感しかしない。最近、技術開発と事業の両面で精彩を欠くかつての“半導体の盟主”Intelの脱製造の影響を議論しているテクノ大喜利。5番目の回答者は、MTElectroResearchの田口眞男氏である。同氏は、最近のIntelをかつて凋落していった日本の半導体メーカーの姿と重ねている。その一方で、図らずも価値を高めるTSMCが、政治上の問題に巻き込まれて火の粉が世界中の産業と社会に飛ぶことを案じている。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
田口 眞男(たぐち まさお)
MTElectroResearch 代表
田口 眞男(たぐち まさお) 1976年に富士通研究所に入社とともに半導体デバイスの研究に従事。1988年から富士通で先端DRAMの開発・設計に従事。メモリーセル、高速入出力回路や電源回路などアナログ系の回路を手掛ける。2003年、富士通・AMDによる合弁会社FASL LLCのChief Scientistとなり米国開発チームを率いてReRAM(抵抗変化型メモリー)技術の開発に従事。2007年からSpansion Japan代表取締役社長、2009年には会社更生のため経営者管財人を拝受。エルピーダメモリ技術顧問を経て2011年10月より慶應義塾大学特任教授、2017年4月より同大学の先端科学技術研究センター研究員。技術開発とコンサルティングを請け負うMTElectroResearchを主宰。
【質問1】仮にIntelがファブレスになったとして、同社のビジネス競争力が今よりも強化されると思われますか?
【回答】ファブレスになっただけでは強化されない、ファブ売却の金で何をするかによる
【質問2】Intelがファブレスになることで、得をする半導体メーカーはどこだと思われますか?
【回答】当然TSMCだが、新生USAファウンドリー企業に慈雨かも
【質問3】Intelがファブレス半導体メーカーになった時、IT業界や電子業界、半導体業界にどのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】エレクトロニクス産業が中国の支配下に置かれることを嫌う動きに商機が生まれるが、世界が不安定になる可能性も