全4181文字
PR

 2020年は、まさに歴史に残る特異な年だった。前年からのコロナ禍は、現在も沈静化していない。人同士の接触を避ける生活様式、さらにリモートでの移動しない就業スタイルなど、世界中の人々の生活、仕事、社会活動が一変している。これによって、技術に対するニーズも変容し、思わぬ向かい風を受ける企業、逆に追い風を受ける企業が生まれ、産業界にさまざまな影響をもたらしている。

 また一方で、米中覇権争いはますます激化し、産業のグローバル化の潮流が分断の方向へと逆流し始めた。これによって、多くの産業分野のバリューチェーンやサプライチェーンの姿が大きく変わりつつある。

 さまざまな視座に立つ有識者・専門家の方々が同じテーマについて議論するテクノ大喜利では、各回答者に注目している2021年のトレンドを挙げていただいた。今回は、頂いた回答の中から、コロナ禍と米中覇権争いに適応したニューノーマルを確立していく2021年の動きについて、新たな気づきが得られる意見を抜粋して紹介する。

【質問1】2020年に起きた電子産業の出来事の中で、最も驚きを感じた動きをお聞かせください。
【質問2】2021年に、注目しているビジネストレンドをお聞かせください。
【質問3】2021年に、注目している技術トレンドをお聞かせください。

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

表1 テクノ大喜利「2021年の注目トレンド」回答まとめ
[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「2021年の注目トレンド」回答まとめ