全5831文字
PR

 米Intel(インテル)は、創業以来、自社製チップの設計と製造の双方を自社で行うIDMという事業形態にこだわってきたメーカーだ。IDMならば、設計と製造双方の技術をすり合わせ、他社には開発できないチップを作ることができる。ただし、こうしたIDMの強みが先端CPUの分野で発揮できるのは、自社の製造技術開発が業界の先頭を走っていることが前提。TSMCなど他社から遅れをとっている昨今の状態では、期待した通りの強みは発揮できない。

 Intelが半導体業界での主導権奪還を目指して打ち出した新戦略「IDM2.0」が、半導体業界の今後に与える影響について議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者は、服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、IDM2.0のコンセプトを構成する3つの柱のうち、「サードパーティーファウンドリー活用範囲の拡大」の部分を深く掘り下げて考察した。そして、直近のIntelの動きを社内の状況を映す状況証拠として見ると、早々に復権を果たせるような状態にはないのではと推測している。

(記事構成は伊藤 元昭=エンライト
服部 毅(はっとり たけし)
服部コンサルティング インターナショナル 代表
服部 毅(はっとり たけし) 大手電機メーカーに30年余り勤務し、半導体部門で基礎研究、デバイス・プロセス開発から量産ラインの歩留まり向上まで広範な業務を担当。この間、本社経営/研究企画業務、米国スタンフォード大学 留学、同 集積回路研究所客員研究員なども経験。2007年に技術・経営コンサルタント、国際技術ジャーナリストとして独立し現在に至る。The Electrochemical Society (ECS)フェロー・終身名誉会員。マイナビニュースや日経xTECHなどに、グローバルな見地から半導体・ハイテク産業動向を随時執筆中。近著に「メガトレンド半導体2014-2023(日経BP社)」「2桁成長光ファイバー・半導体(毎日新聞出版eBOOK)」「有機EL・半導体バイブル(毎日新聞出版eBOOK)」「半導体・MEMSのための超臨界流体」(コロナ社)がある(共に共著)。
【質問1】IDM2.0によって、半導体製造技術の主導権がTSMCに集中する現在の状況が解消すると思われますか?
【回答】思わない

 2020年7月、当時Intel のCEOだった財務畑出身のBob Swan氏が、同社の米国オレゴン州にあるCPU試作ラインで7nmチップの製造歩留まりが長期にわたりアリゾナやアイルランド工場での量産移行レベルに達しないことに業を煮やし、先端CPUの製造を外部のファウンドリーに製造委託する「緊急時対応計画(Contingency Plan)」を既に策定したと発表した。そして外部委託するか否かの最終検討結果を、2021年1月下旬に発表することになっていた。

 しかし、2020年年末に、モノ言う株主として有名な米Third Point(サード・ポイント)が、「Intelは微細化でTSMCに負け、CPUで米AMDにシェアを奪われ、かつAI(人工知能)分野では米NVIDIA(エヌビディア)に支配的な地位を握られ、今や存在感はまったくない」と手厳しく批判した書簡を同社に送りつけた。そして、「製造と設計を両方手掛けるIDMモデルが本当に適切か否か、早急に事業を抜本的に見直し、速やかに行動に移すよう」求めた。事態を重く見た取締役会は、1月初めにSwan氏の解任を決めた。突然のCEO交代決議で、CPU製造を外部委託するかどうかの最終判断は、2月14日に就任する新CEOである元Intel技術者のPat Gelsinger氏に委ねられた。

 同氏は、CEO就任後1カ月間で社内調査を行い、ついに3月24日、「ファブライト」や「ファブレス」になることはせず、あくまでもIDMとして留まるどころか、IDMをさらに進化させた「IDM2.0」宣言を行った。

IFSは先端品のTSMC への委託の目くらましではないか

 これに対して、Intelの味方(製造委託先)になるはずだったが一転敵に回すことになった(あるいは敵だか味方だかわからなくなった)ファウンドリー最大手を抱える台湾の半導体業界には困惑が広がり、TSMCの株価も一時下落した。

 Gelsinger氏の発表内容の多くは想定内だったが、まさかファウンドリービジネスを「Intel Foundry Services (IFS)」という独立事業として始めるとは誰も予想しなかったからだ。Intelは緊急時対応計画を実行に移すか否かの瀬戸際に立たされているというのが多くの人の認識だったろう。実は、Intelは、2010年代前半にも片手間にファウンドリービジネスを始めたものの失敗していた。今回は正確には「再参入」と呼ぶべきだろう。米Apple(アップル)にも逃げられ、TSMCに鞍替えされてしまったことは記憶に新しい。

 IntelのIDMは、成功するかどうかおぼつかないIFSの唐突な発表で目くらまししているが、実は先端のCPUはサードパーティーに製造委託するということの方がはるかに重要な意味を持つと著者は見ている。結局は、TSMCの最先端受託生産量が圧倒的に増えることが分かり、台湾での騒ぎは収まった。