全3280文字
PR

 世界の半導体業界の今後を考えるうえで、中国の動きを無視することはできない。ただし、中国は日本などとは政治体制や社会構造が異なるため、思ってもみなかった展開が起きる可能性もある。そこで今回は、紫光集団の今後と中国の半導体産業の行方について議論した。最初の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、紫光集団の破産・再編が中国の半導体産業の育成に与える影響は極めて軽微とみる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中