全3711文字
PR
【質問2】メタバースの発展に付随して、いかなる産業・業種が急成長すると思われますか?
【回答】半導体産業

 半導体産業は、過去70年余り、たゆまず継続的に成長を遂げてきた。成長のドライバーが軍用、メインフレーム用、ミニコン用、パソコン用、デジタル家電用、モバイル(スマートフォン)用と、時代ごとに次々絶え間なく現れてきたからだ。今後しばらくは、メタバースがけん引することになると思われる。PCやスマホに陰りが見えてきたからこそ、新たなけん引役に期待がかかる。多くの人たちが関心を持って取り組めば、不可能も可能になり得る。

 既に前回のテクノ大喜利「2022年注目の潮流・技術・企業」でメタバースを取り上げ、「半導体から応用まで、メタバースによる新市場の創出に期待する」と述べた1)。メタバースの世界に必要な半導体については、前回のテクノ大喜利の回答でタイプ別に述べたのでここで繰り返さないが、GPUやCPUやFPGA、5Gチップ、メモリー、高性能ディスプレードライバーICなど広範な半導体カテゴリーにとって、超高速化、高性能化、大容量化の要請があり、絶好のチャンスとなる。ディスプレーについても、さらに高精細化の要求があり、マイクロLED/OLEDなどの出番がやってくる。