全3259文字
PR

 2021年1~12月通期の売上高が、前年比68%増の164億3400万米ドルと過去最高を記録した米AMD――。2022年も、同社が営むすべての事業で、さらなる成長を見込み、前年比31%増の215億米ドルの売り上げを予想していると言う。

 同社を「何をやってもナンバー2の企業」と考える人も多いことだろう。実際、x86系CPUの分野では米Intel(インテル)に、GPUの分野では米NVIDIA(エヌビディア)に突き放されることもないが、追い越す決め手を欠く状態が続いている。もはやこれは、AMD固有のビジネスモデルなのではないかと思えるほどだ。

 そのAMDが、次世代サーバー用プロセッサーのキーテクノロジーとみなされるFPGAで、シェア1位の米Xilinx(ザイリンクス)の買収に成功した。絶好調状態の中で手にした高付加価値技術を活用し、AMDはどう仕掛けるのか。今回のテクノ大喜利では、対Intel、対NVIDIA、対独自チップという3つの対立構図を想定し、AMDの今後の戦略と行方を考える際の論点・競争要因について議論した。

【質問1】CPUの領域で、AMDとIntelの競争の行方を考える際に、注目したい指標・論点・競争要因は?
【質問2】GPUの領域で、AMDとNVIDIAの競争の行方を考える際に、注目したい指標・論点・競争要因は?
【質問3】応用を問わず、AMDなどの(IntelやNVIDIAも含む)標準チップと、独自チップのシェアの行方を考える際に、注目したい指標・論点・競争要因は?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

表1 テクノ大喜利「絶好調AMDが挑む3つの戦い」回答まとめ
[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「絶好調AMDが挑む3つの戦い」回答まとめ