全1492文字
PR

 新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりを受け、電気製品の最終需要やバリューチェーンに影響が生じている。以下では、米アップル(Apple)や韓国サムスン電子(Samsung Electronics)、中国ファーウェイ(華為技術、Huawei Technologies)などのスマートフォンと、フラットパネルディスプレー(FPD)への影響に関して図を中心に説明する。

電気製品への影響

 電気製品の需要への影響は製品によって異なっている。影響が大きい順に並べると、デジタルカメラ(DSC)、テレビ、スマホ、パソコンの順になる。屋外で利用する製品や、大型の製品の販売が低迷している。

 供給も依然、綱渡りの状態が続いている。中国湖北省とマレーシアなど東南アジアの生産拠点の状況に注意が必要だ。中国の供給回復はほぼ想定通りだが、中国以外の地域で問題が続出している。政府の規制や航空物流の縮小が大きく影響している。

主要コンシューマー製品の需要面と供給面への影響に関するみずほ証券の見解
主要コンシューマー製品の需要面と供給面への影響に関するみずほ証券の見解
(出所:みずほ証券エクイティ調査部作成)
[画像のクリックで拡大表示]