PR

 「リノベーションまちづくり」。まだ聞きなれない言葉かもしれないが、これは今後の新しい都市の基盤となる考え方だ。来るべき時代の都市を支える基本システム、いわば都市のOSである。

 私が「リノベーションまちづくり」と出会ったのは2013年夏のことだった。北九州・小倉の街で開催された「リノベーションスクール@北九州」に参加したのがキッカケだ。私がこのスクールに参加することになった、そもそもの発端から今回は書いてみたい。リノベーションまちづくりという新しいOSが、なぜ都市に必要とされているのか、読者のみなさんに少しでも実感していただけると思うからだ。