PR

 山本理顕氏は1973年、ほとんど実務経験がないまま事務所を開設した。それでも仕事の依頼が舞い込み、次々と実現した。いずれも試行錯誤。なかには失敗もある。当時の仕事を改めて振り返ってもらった。(全3回のうちの第3回)

山本理顕氏(写真:川辺 明伸)
山本理顕氏(写真:川辺 明伸)
[画像のクリックで拡大表示]

 ほとんど実務経験がないなかで事務所を開設した山本氏。初期の仕事はどのように実現していたのだろうか。

 例えば「窪田邸」の場合、「新建築」(1978年8月号)には、「山本理顕、立花正明、元倉真琴(協力)」と書いてあるけれど、実際は元倉にほとんどやってもらった感じ(笑)。元倉は、東京芸術大学大学院での同級生でしたが、当時、槇総合計画事務所を辞めたばかりで、僕の事務所の一部をシェアしていました。

 元倉はヒルサイドテラスも担当していましたから、実務経験が十分にあったんです。しかも、槇事務所でアルバイトをしていた立花をスタッフとして紹介してくれて、設計は元倉に教わりながら、進めました。「打ち継ぎ目地というものがあるんだ」と諭されると、「できれば、その目地を消したい」などとわがままを言いながら(笑)。

 また「山川山荘」は、原口修という所員と進めました。原口も芸大の後輩で学園紛争の仲間です(笑)。藤江和子さんと同じエンドウ総合装備という家具の会社に勤めていたんですが、一緒に遊んでいるような感じで、僕の事務所のスタッフになってくれました。ずっと家具をつくってきた人なので、ディテールがよく分かっている。山川山荘のディテールはすごいですよ。本当に緻密です。経験のない僕にできるディテールじゃない(笑)。原口の家具のディテールでできています。

 どれも、まわりの人たちに助けてもらいながら、つくったものばかりです。今もそうです。スタッフに助けられながら仕事をしています。

「山川山荘」(1977年)の外観。中庭には大きなテーブルが置かれている。山本氏がデザインした、当時のオリジナル(写真:川辺 明伸)
「山川山荘」(1977年)の外観。中庭には大きなテーブルが置かれている。山本氏がデザインした、当時のオリジナル(写真:川辺 明伸)
[画像のクリックで拡大表示]
「山川山荘」の内部でくつろぐ山本氏(写真:川辺 明伸)
「山川山荘」の内部でくつろぐ山本氏(写真:川辺 明伸)
[画像のクリックで拡大表示]