PR

DOSBoxの基本操作

 DOSBoxでファイルを扱うには、ラズパイの任意のディレクトリーをCドライブとして割り当ててアクセスします。

> mount c /home/pi/Downloads
> C:

 この時、キーボード配列は英語モードです。「:」(コロン)を入力するには、日本語キーボードでは[Shift+;]を押します。キーボード配列は[CTRL+F1]キーで確かめられます。

[画像のクリックで拡大表示]

 DOSBox内にマウントしたディレクトリーに、任意のDOSプログラムを配置して利用します。ファイルの配置後、「rescan」でDOSBox内に反映します。

> rescan

 例えばMS-DOS用のファイル管理ソフト「FD」や「FILMTN」などが利用可能です。

石田健仁氏が開発したファイル管理ソフト「FILMTN」
石田健仁氏が開発したファイル管理ソフト「FILMTN」
[画像のクリックで拡大表示]