PR

PiServerにクライアントを登録

 PiServerは標準で導入済みです。ただし2018年3月14日時点では、デジタル証明書の設定に失敗します。次のコマンドを実行し、日付をエラーの出ない日時に戻してから設定作業に移ります。

$ sudo killall ntpd
$ sudo date --set='2018-01-01'

 一時的に時刻同期サーバーを無効にしていますが、再起動すれば元に戻ります。

 バグへの対処を済ませてから、画面左上にある「Menu」ボタンを押して「Preferences」-「PiServer」を起動してください。PiServerの初期設定ウィザードを画面の案内に従って進めます。

 ここで「Add clients」のステップに進む前に、先ほど設定したラズパイをネットワークに接続してmicroSDを外した状態で起動します。しばらくすると、PiServerのウィザード画面にラズパイのMACアドレス(イーサネットのアドレス)が表示されます。

「Add clients」でPiServerにラズパイを登録
「Add clients」でPiServerにラズパイを登録
[画像のクリックで拡大表示]

 あとはウィザードを進め、シンクライアントのユーザーになるユーザー名とパスワードを登録していきます。標準では5人分を記述できます。ここで作成したユーザーごとにホームディレクトリーが割り当てられ、シンクライアントのユーザー用ストレージとして機能します。

「Add users」でPiServerのユーザーを作成
「Add users」でPiServerのユーザーを作成
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に、ラズパイにネットワーク経由で配布するOSイメージを用意します。標準では、GUI付きのRaspbianとCUIが標準のRaspbian Liteを指定できます。ラズパイのOSイメージの仕様に準拠したものであれば、任意の指定も可能です。ここではRaspbianを指定しました。

ラズパイに配布するOSイメージを指定
ラズパイに配布するOSイメージを指定
[画像のクリックで拡大表示]

 OSイメージの配置が終われば準備完了です。PiServerの管理画面が表示され、先ほど登録したラズパイが指定したOSで起動するようになります。

PiServerの管理画面。ユーザーやクライアントの追加、OSイメージの変更などが可能
PiServerの管理画面。ユーザーやクライアントの追加、OSイメージの変更などが可能
[画像のクリックで拡大表示]