PR

 デスクは固定制だが、カフェのカウンター席のようなフリーエリアや、ファミレスのボックス席のようなミーティングベンチエリア、ソファー席のリフレッシュエリアなどを設けている。この場所で食事や打ち合わせをする。ちょっとした打ち合わせは、このフリースペースで行うことが多いという。

自由にペン書きできる透明なボードが至るところに設置されている。
自由にペン書きできる透明なボードが至るところに設置されている。
[画像のクリックで拡大表示]
日光が降り注ぐ窓際のソファーでは、山崎社長が打ち合わせ中。
日光が降り注ぐ窓際のソファーでは、山崎社長が打ち合わせ中。
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか社員からの要望で、集中ブース(3部屋)、リラクゼーションスペース(ベッド2台、マッサージチェア1台)を設けた。使用ルールは特になく、空いていたら自由に使える。週2回カイロプラクティックの専門家を招き、リラクゼーションスペースで社員が格安でマッサージや針の治療を受けられるようにもしている。

 「時間と場所にとらわれない働き方」に力を入れており、社員自身で働きやすい環境を選べる。たとえば、介護や育児、配偶者の転勤などによって地方で暮らしながら、テレワーク制度を利用して仕事をしている社員も数人いる。東京のほかには、大阪と沖縄・宮古島にもオフィスを構えている。

有志が商品をそろえ、菓子類や酒類などを販売している。現金に加えてBitcoinでも支払いができる。
有志が商品をそろえ、菓子類や酒類などを販売している。現金に加えてBitcoinでも支払いができる。
[画像のクリックで拡大表示]

 フレックス制や時差出勤制度も導入し、部署ごとに業務内容に合った制度を決めている。2017年には、週15時間勤務の「スーパー時短正社員制度」も取り入れた。

 事業の柱は、クラウドホスティング事業、ウェブサービス事業、プラットフォーム事業の3つ。レンタルサーバー「CPI」をはじめとしたクラウドホスティング事業は20年の実績があり、業界では老舗だ。

 ウェブサービス事業では、米国のクラウド電話APIサービス「Twilio」や、ドイツの無料ホームページ作成サービス「Jimdo」、オーストラリアの無料クラウドデザイン作成サービス「Canva」の代理店として、日本でビジネスを展開している。自社のプラットフォーム事業として、ブログサービス「g.o.a.t」も運営している。