3フロアをそれぞれ内階段で行き来できるようにしているのも、目立つ特徴だ。上下階に分かれている部署の間でも、可能な限りコミュニケーションが取りやすいように配慮した。32階と31階の間には、同社の林高生社長の発案で階段の横に滑り台が取り付けてある。

32階と31階の間にある階段とすべり台。奥にジャングルジムやブランコ型椅子を配した打ち合わせスペースが見える。
32階と31階の間にある階段とすべり台。奥にジャングルジムやブランコ型椅子を配した打ち合わせスペースが見える。
[画像のクリックで拡大表示]

 32階には社員食堂「LaPyuta(ラピュータ)」がある。地上150メートルにある「東海地方で1番高いところにある社員食堂」(岡部氏)だという。220席あり、朝昼晩と営業している。ランチは500円以内で食べられ、夜はアルコールも飲める。

ハイテーブルとハイチェア、ディスプレーのある打ち合わせスペース。テーブルには書き込みもできる。
ハイテーブルとハイチェア、ディスプレーのある打ち合わせスペース。テーブルには書き込みもできる。
[画像のクリックで拡大表示]

 本社移転前に実施した社員へのアンケートで多かった「社食がほしい」という声を取り入れ、「天空のカフェ」をテーマに、女性社員が中心になって、内装、メニュー構成、食器などを決めて作り上げた。このほかの福利厚生として、月一回の無料マッサージも提供している。

 エイチームは採用活動も積極的。2017年4月に35人を新卒で採用した。また中途入社として、年間100人前後を採用している。