PR

Q.残業しているメンバーに対して、上司が頻繁に「飲みに行こう」と声を掛けます。みんな忙しいので断ると不機嫌になり、あるときは「これではコミュニケーションが取れない」と言われました。これはパワハラに当たるのでしょうか。どのように対応すべきなのか教えてください。

 言うまでもなく、飲み会は仕事と関係ありません。「コミュニケーションのために飲み会が必要」という論調の言葉は、余計なひと言です。飲むことがコミュニケーションにつながる時代ではなく、強要するとパワハラだと認定されてもおかしくありません。

 コミュニケーションが取れないというのは確かに余計なひと言です。ただ、まずは各メンバーが本当に嫌がっているのか確かめてみてはいかがでしょうか。誘うときの話し方や雰囲気によって、強制的な空気か否かが違ってくるからです。

 例えば、声を掛けているのは普段よく飲みに行く特定のメンバーだけかもしれません。また、上司も飲み会の強要はNGだと理解しているはずなので、少なからず気を遣っていると思います。誘いを断られて寂しい思いをする、シャイな上司も多くいます。誘う側も勇気がいるものです。

しつこい誘いはアウト

 それでも、飲み会への強制な誘いはアウトです。これは周知のはずなのですが、類似の相談はなくなりません。飲み会だけでなく、球技大会やボウリング大会などの社内行事も同じです。休日や定時後はプライベートタイムですので強制できません。

 こうした相談を受けるたびに、自主参加が原則だと理解していない管理職がまだまだ存在することに驚きます。社内行事に参加させるように、上司も会社からプレッシャーをかけられている場合がありますが、部下への伝達には気遣いが必要です。

 筆者の顧客を見ても、飲み会をめぐる目に余るトラブルは少なくなりました。以前は明らかに上司が悪いという相談がいくつもありました。世間では継続して起こっているのかもしれません。

 明らかに上司が悪いというのは次のような発言です。「仕事ができないのなら親睦会や行事に出ろ」「プロジェクト終了の打ち上げは必須参加だ」「忘年会は強制参加だ」という類のものです。明らかに、とんでもない上司で間違っています。