PR

Q.うちの会社は昼休みが45分しかないのに、定時終了後になぜか15分の休憩があります。残業前の中途半端な時間なので、結局いつも仕事をしています。積み上げるとそれなりの残業代になると思うのですが、未払い賃金にならないのでしょうか。とても損をした気分になり、現場無視の時間配分に憤っています。

 法令では、1日8時間を超えて労働する場合、すなわち残業があるときは60分の休憩が必要だと定めています。具体的には、労働時間が6時間を超えて8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも60分の休憩時間を労働時間中に与えなければならないと労働基準法で決まっています。

 よって、昼休みが45分という質問者の会社は、足りない時間を補うために定時終了後に15分の休憩時間を設けているのでしょう。

 ただしこの中途半端な時間配分が、質問者からすると損をしている、未払い賃金だと感じるわけです。はじめから昼休みが60分なら、15分の小休憩は必要ありません。

休憩の与え方に決まりはない

 一方で、休憩は社員一斉に与える必要がありますが、それ以外の決まりはありません。休憩を分割しても、一度にまとめて与えてもよいことになります。通常は、昼休み45分と小休憩15分の運用か、昼休み60分の運用が多いでしょう。45分の休憩をさらに分けることも可能ですが、分割すると昼食のための昼休みが短くなるので現実的ではありません。

 ちなみに運輸関係・金融・接客業など特定の業種では、休憩時間を一斉に取らなくてもよい運用が可能です。特定の業種以外で昼休みを交代で休みたい場合は、労使協定が必要となります。