PR

Q.開発部門の責任者を務めており、中途採用の面接を担当しています。あるとき治療中の病気がないかを確認したところ、病気のことを聞くのは非常識だと逆ギレされて驚きました。採用はしませんでしたが、病気のことを聞くのはNGなのでしょうか。

 採用面接で本籍や家族、思想などを聞いてはいけないのはご存じの通りです。一方で、病気のことについて聞いてよいのかと悩んでいる会社や担当者は多いようです。

 会社からすれば、健康状態が気になるのは当然だと言えます。労務相談では、うつ病を含めて休職者の相談が増えています。会社内で休職している社員の人数も増加しているのではないでしょうか。このような状況もあり、会社は病気について気になるところでしょう。

病気について聞くのはOK

 結論から言うと、病気について聞くのはOK です。会社が人を雇うのは仕事をしてもらうためであり、仕事に支障がないかどうかを心配するのは当然です。採用してから配属先の業務に就けない病気を抱えていたとなれば、会社と本人の両者ともに不幸な結果になります。

 例えば高い所での作業がある場合、高所恐怖症の人なら無理です。面接では高い所での作業に問題がないかを確認するでしょう。狭い所での作業が苦手な人もいます。車の運転業務がある場合、発作系の病気があれば人命に関わることがあります。さらに発作がある人については、社内で症状が出た場合の対応も考えておかなければなりません。業務への影響や採用後の配慮を踏まえると、精神疾患について知りたいと考えるのは当然だと言えます。