全1268文字
PR

Q.中途入社して6カ月がたち、ようやく初回の有給休暇10日分が付与されるはずでした。ところが出勤率が80%未満だったということで付与されませんでした。病気欠勤があり出勤率が不足したとのこと。療養中を除き毎週のように休日出勤をしていたのでトータルで80%以上出勤していると思います。それでも有給休暇をもらえないのでしょうか。

 通常、社員に有給休暇が付与される条件は「出勤率80%以上」です。この条件を満たさない場合、会社は有給休暇を付与しなくてよいことになります。

 推測ですが、質問者の会社が行った出勤率の計算は正しいと思います。質問者は休日に出勤した日数に言及していますが、そもそも休日は計算対象ではありません。

有給休暇が付与される時期と日数は?

 新入社員・中途社員は入社6カ月後に有給休暇10日が付与されます。その後は1年ごとの付与となり、上限20日まで増えていきます。入社と同時に初回の10日が付与される会社もありますが、労働基準法上の付与義務が発生するのは6カ月後です。

 正社員に比べて所定の勤務日数が少ないパート社員にも勤務日数に応じて有給休暇が付与されます。これを比例付与と言います。例えば週3日勤務のパート社員の場合、最初に付与される日数は5日となります。

 ただし、いずれも出勤率が80%未満なら有給休暇をもらえません。法令では出勤率が80%以上の場合に、有給休暇を与えなければならないとしています。よって、欠勤が多い社員は有給休暇が付与されない場合があります。

 残っている有給休暇をすべて消化し、それでも私用で会社を休む場合が欠勤となります。長期の病気欠勤などの特別な事情がなければ、出勤率が不足することはないでしょう。通常は出勤率が80%以上になるので有給休暇が付与されます。