全1504文字
PR

Q.プロジェクトを統括する部長が「仕事でゴルフだ」と言ってくるのをうっとうしく思います。プロジェクトは多忙な時期で、私は休日出勤を指示されました。そして命じた本人が「自分も接待ゴルフで休日出勤だから」と言っているのです。普段は休日出勤などしないのに、今回だけゴルフ出勤だと言うのが自慢げに聞こえて耳障りです。そもそもゴルフが労働なのでしょうか。

 プレー代などを交際費で経費処理しているため、休日の接待ゴルフを労働だと勘違いしている場合があります。しかし実際には労働(休日出勤)にはなりません。筆者の顧客にも、休日出勤扱いとする会社はないはずです。ゴルフではありませんが、接待での懇親会(飲み会)をイメージしてください。飲み代を経費処理しているからといって、飲み会の時間を残業時間だとして労働扱いにしないのと同じです。

特別な命令があれば労働になる

 ただし接待ゴルフが特別な命令により労働になる場合はあります。例えば、ゴルフコンペで当日は裏方で事務局の仕事に専念した場合などです。これは飲み会においても同様です。懇親会の司会的な役割が与えられ、アルコールも飲めない業務遂行的な時間だったときは労働になります。

 顧客との付き合いから、会社がゴルフのプレー代を交際費として処理するのは問題ありません。しかし上記のような特別な命令下でなければ労働ではないことを理解しておく必要があります。接待とはいえ、あくまでプレーすることが主たる行為なので当然だと言えます。

 ゴルフを趣味にしている役職者は多いので、ビジネスにおける交流の場としてよく活用されます。ただしゴルフはプライベートの趣味としての側面も大きいので、本人が仕事だと言っても、周囲の社員の中にはそう思わない人は少なくないでしょう。

 今回の質問者のように、自慢げに聞こえると感じる人もいます。仲の良い顧客との慣習的なプレーは本人も半ば楽しんでいるのだと周りから思われても仕方ありません。プロジェクトが多忙な時期にある質問者が腹立たしく思うのは理解できます。