全1473文字

Q. メーカー系IT企業に勤める男性です。社内不倫で転勤させられそうです。相手の旦那さんが会社に来られて発覚しました。解雇にはならないとのことですが、転勤は嫌です。個人的な件であり、会社に関係ないのに処分に納得できません。

 旦那さんが会社に来られている時点で、会社に迷惑がかかっています。関係ないとは言えません。不倫に限らず、セクハラ(セクシュアルハラスメント)も親御さんや旦那さんが会社に苦情を言って来られる場合があります。

 転勤があるということは、お勤め先は大企業だと思います。支社や支店がない会社は、当事者同士を引き離す(配置転換)ことすら難しいですが、大企業では対処できます。業務命令として、通常の人事異動と同じく転勤を伴う異動通知が出るだけです。質問者は異動命令に従うほかありません。

 不倫は許されませんが本人たちの了解の上で起こった恋愛です。しかしセクハラは性的嫌がらせの強要です。特に上司(権力者)からの誘いは部下にとって断りにくいのです。会社は上司を含めセクハラを行った社員に気を使うことなく厳格な処分が必要です。もっとも不倫やセクハラで会社に居づらくなり自ら退職するケースが多いです。

 純粋な社内恋愛でも問題になる場合があります。例えば恋愛に夢中になるあまりに社内でチャット会話ばかりしているといったことです。就業中は職場専念義務があり、プライベートタイムではありません。仕事もせずに恋愛を社内に持ち込んで目に余る場合は、なんらかの処分が必要です。

不倫が原因の解雇は現実的ではない

 会社には職場環境を調整(配慮)する義務があり、社内の秩序を維持しなければなりません。よって就業規則に「公序良俗に違反してはいけない」「社内の風紀や秩序を乱してはいけない」というような服務規律を定めています。

 規則違反で解雇まで可能かというと無理です。会社や他の社員が大きな被害を受けたわけではありません。不倫トラブルで会社の信用失墜を招き、損害を与えたような場合は解雇もありますが、一般社員の不倫で世間的な問題になった揚げ句信用失墜にまでならないでしょう。注意譴責(けんせき)、始末書の提出、数カ月の少額減給ぐらいまでが現実的です。これが例えば、教員が行っていたような場合は生徒を指導する立場として適格性を欠きますので解雇に至る可能性があるでしょう。

 不倫やセクハラを原因とする配置転換や転勤などの異動は普通にあることです。同一部署やフロアで勤務している場合は引き離す異動を行います。本人たちは異動の原因に察しがつきますが、そんな理由は異動通知に載せません。事情を知らない他の社員から見れば単純に転勤異動になったのだと思う程度でしょう。