全1559文字

Q. ITエンジニアです。課長への昇格が発令されました。これを断ることは可能でしょうか。問題なければ断りたいです。専門的な仕事は好きですが管理職の業務に興味はありません。なにより部下の目標設定や人事評価などに興味が持てないのです。プレーヤーがいいです。いかがでしょうか。

 職種やポジション変更、配置転換などは人事異動として行われます。その人事権の行使は業務命令であり会社が行うものです。社員がOK、NGと判断するものではありません。課長への昇格(昇進)が嫌だとしても、本人が決めることではありません。初級社員から中級社員のように給与資格が上がることを昇格、役職が上がる昇格を昇進といいます。

 昇格は人事権の行使であり、業務命令として発令されます。会社にとっては、拒否=業務命令違反であり、懲戒処分にすることができます。しかし筆者は懲戒処分をおすすめしません。会社は、まず社員が昇格を嫌がる理由を分析すべきです。

 上司を見ていて、自社の管理職そのものに魅力がないのかもしれません。質問のケースのように部下管理が嫌だ、専門職のエンジニアのままがよいといった理由もあるでしょう。

 人により昇進の価値観は異なります。皆が出世を望んでいるわけではないことを会社は理解しなければなりません。無理に昇進させてモチベーション低下となれば意味がありません。例えば、地域限定職で転勤がない代わりに部長以上になれないといった制度がある場合、プライベートを優先し地域限定職を選択する社員もいます。理由によっては昇進制度の見直しが必要な時代なのです。

「役割」と給与を連動させる

 エンジニアとしての専門職に特化し、専任課長として勤務できる制度(専門職制度)がある会社も存在します。自らがプレーヤーでありたいと考える社員にとってはありがたい制度です。ただしこうした制度を適用する場合、会社は、プレーヤー社員の貢献度を重視し、現実の役割に呼応して給与を上下させなければ意味がありません。「役職」と給与ではなく、「役割」と給与を連動させるのです。

 例えば管理職で自らも現場で開発メンバーとして参画しているプロジェクトリーダーAがいるとしましょう。リーダーでありながら、進捗に遅延がないように現場目線でシステム開発を進めていくプレーヤーです。Aの上司Bが部長だった場合に、B部長のほうが当然のように給与が高いのはおかしいのです。