全1421文字
PR

Q. メーカー勤務です。メンタル不調で休職していました。しばらく休んだら回復したようです。会社は医師の診断書提出や産業医の面接を求めているのですが、自分としては復帰しても問題ないと思っています。大丈夫と言っているのに何度も求めてくるので正直嫌になっています。私の復職はどうなるのでしょうか。

 復職しても病状が再発して、また休職に至るケースが多々あります。会社は質問者が完治しているか、もう復職して大丈夫なのかを見極める必要があります。素人判断はできませんので、診断書や産業医の面接結果を経て判断します。

 人によっては休職と復職を繰り返す場合があります。完治していないのに、復職したことで以前の状態より悪化することも考えられます。休職が長引けば会社での居場所がなくなるかもしれないという不安から、無理をして復職してくる社員もいるようです。

会社には安全配慮義務がある

 会社には安全配慮義務があり、できる限り社員の健康面について気を配らなければなりません。上司や人事部担当者などに、病気に関する専門知識はありません。素人判断はせず、通院している主治医の診断書や産業医の面接を経て復職の判断を行うべきです。証明がなければ会社も安心して業務をさせることができません。社員は病気が治った、以前のように仕事ができると証明する必要があります。

 休職制度は、福利厚生の1つとして会社が任意でつくっている制度です。制度がある場合、利用することに問題はありません。ただし、休職制度には復職の条件として診断書提出や産業医の面接を要することをルールとして記載しているでしょう。社員はそのルールに従う必要があります。安全配慮面から丁寧に社員に説明しても、診断書提出や面接を拒否する場合は復職を見送るしかありません。