全1341文字
PR

Q.IT企業勤務のシステムエンジニア(SE)です。ミーティングエリアで打ち合わせしていたとき、通りかかった別フロアの部長にマスクのことで叱られました。私は無意識に時々してしまう、「あごにマスク」状態でした。素直に直しましたが、そもそもマスク着用を命令できるのかと疑問に思います。

 質問者は、一応顔にマスクをかけ直していますので、着用そのものを拒否しているのではなさそうです。後は「あごにマスク」をやめるだけです。口に被るように意識しましょう。

 ご存じのように、社会的にマスク着用は当然だとする環境になっています。外を歩いているときでもマスクをしていると思います。していない人を見かけることもありますが、ごく一部です。

 社内でマスクをしていない社員がいると、同僚たちから嫌がられます。内勤のスタッフやSE、プログラマーなどのマスク着用は、今のところ当然だと言えるでしょう。感染リスクがほぼなくなるなど社会的に安心して外せる状況になるまで待ってください。以前のように、マスクなしで生活できるようになってほしいと思います。

勤務中の服装と同様に考える

 IT企業にはカジュアルな服装の社員がたくさんいます。スーツにネクタイといった服装のITエンジニアにお目にかかることは少なくなりました。それでも一定の服装条件はあります。ビジネスカジュアルといった服装です。

 接客業や工場勤務の場合、ユニホーム着用が義務付けられていることが多いです。マスクも同様に考えてみてください。

 プライベートタイムではなく、就業時間中です。会社が社内ルールとしてマスク着用を義務づけることに問題はありません。マスク着用は、国も要請している新型コロナウイルスの感染対策です。会社には社員の健康を配慮する義務がありますので、質問者は、マスク着用の指示に従いましょう。