全2964文字

Q.29歳のシステムエンジニア(SE)です。先月から休日出勤続きで、今月も平日残業はもちろん、休日出勤が多くなりそうです。顧客に提示した見積もりと一致する受注プロジェクトなら残業はないはずだと不思議に思っています。要員計画は、月20日で160時間働く前提になっています。入社以来、全てのプロジェクトにおいて残業がありました。SEやプログラマーなどITエンジニアは残業が多いと割り切っていますが、つらいときがあります。残業が常態化している状態は、明らかにおかしいです。

 残念ながら質問にあるプロジェクトは、最初から残業が当然という要員計画です。1人月を「1日8時間、月20日で160時間働く前提」としています。月の就労日数が平均20日だとすると、これでは順調なプロジェクトであっても必ず残業が発生します。

 さらに、要件定義の見直しによる仕様変更やシステムトラブルが重なったときは、過重労働(長時間残業)になるわけです。

 以下、順調なプロジェクトだとして述べます。

「1人月160時間」では必ず残業が発生する

 質問のケースでは、システム開発の要員計画において1人月160時間としてスケジュール化しています。

 個人の要領や能力差はないとして要員計画の通りにプロジェクトが進行すると仮定します。極端な例ですが、総開発工数が50人月で期間が10カ月だとします。物理的に5人投入すれば、残業もなくスケジュールの通りにプロジェクトは完結します。

 質問者は「顧客に提示した見積もりと一致する受注プロジェクトならば残業はないはず」と考えています。まさにその通りです。純粋にシステム開発の仕事しかしていない場合は、質問者の言う通りであり残業は発生しません。

 順調なプロジェクトであっても現実はそうなりません。システム開発以外の仕事があるからです。その分は、確実に残業になります。

社内作業や有給休暇を考慮していない

 システム開発以外の仕事を思い浮かべてください。社内・社外研修の受講、人事考課関係の目標設定や業績シートの作成、上司との面談があります。所属部門の会議への出席もあります。

 社内のレクリエーション委員、安全衛生や防災関係の委員、部内のパソコン、スマホなどIT資産の管理担当など、いろいろな活動に任命されている場合はその仕事があります。

 加えてプロジェクトの成果発表会、中期計画、新入社員と先輩社員の交流会のための部門やプロジェクトの紹介などさまざまな目的に向けた資料を作成する必要があるでしょう。開発標準化や生産性向上に関するチームでの仕事もあります。品質改善のワーキンググループのメンバーになっていてその作業があるかもしれません。ほかにも、間接的な仕事がいろいろあるはずです。

 人により間接作業のボリュームは異なりますが、その分がプロジェクトチームやメンバー自身の残業として跳ね返ってくるわけです。仕事は、直接的なシステム開発だけではないのです。間接的な仕事を考慮していない要員計画が多いのではないでしょうか。

 有給休暇を積極的に取得するようにという国の指針に基づいて、会社は休暇取得を推奨しています。そうなると、システム開発で1人月160時間としている時点で、残業ありきの要員計画を立てていることになります。質問者が言う通り、おかしいです。

1人月130時間程度での要員計画が妥当

 「残業なし」というプロジェクトにするには、間接的な仕事や有給休暇の取得も考慮して要員計画を立てなければなりません。間接的な仕事や有給休暇取得分が、月に30時間あると仮定すると、1人月130時間での要員計画が必要なのです。

 残業なしとするには、人を増やすかスケジュールを延ばすしかありません。その権限を持つプロジェクトマネジャー(上司)にとって、部下に残業でカバーしてもらうほうがプロジェクトの利益は出やすいですが、利益より、部下の健康配慮を優先させるべきです。

 部下が病んで休職するとプロジェクトは回らなくなります。増員せず、他のメンバーで補完するというプロジェクトリーダーがいますが、最悪な状況です。

 部下の健康面を配慮して、1人月130時間程度で要員計画をしているIT企業は、素晴らしいです。読者の会社は、そうなっているでしょうか。

 「昔はもっときつい残業があった」と言う管理職やプロジェクトリーダーがいます。それは異常だったのです。適度な残業はいいとしても、過度な残業を強いてはいけません。