PR

 英パフォームグループのスポーツ動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、巨額でJリーグの放映権を獲得し注目を浴びた。そのライバルであるソフトバンクの「スポナビライブ」は、サービスを終了するとともに、プロ野球などいくつかのコンテンツをDAZNに移行すると発表している。ソフトバンクとパフォームグループにはそれぞれどのような狙いがあるのだろうか。

スポナビライブの終了でDAZNに移行措置

 2016年に10年間のJリーグ放映権を約2100億円で獲得したことで話題となったパフォームグループのDAZN。Jリーグ以外にも国内外の様々な競技の放映権を獲得し、それらの試合を1つのパッケージとして月額1750円で配信することによって、国内でも注目を集めるようになったサービスだ。

 さらにパフォームグループはNTTドコモと提携し、NTTドコモのユーザーに対して「DAZN for docomo」の提供を開始。NTTドコモの回線契約者であれば月額980円で利用できるメリットを打ち出すことによって、契約の拡大を図ってきた。そうした成果もあってDAZNは2017年に100万契約を突破。事業を急拡大している様子が分かる。

 そのDAZNを巡って、ここ最近大きな動きがあった。ソフトバンクは2018年2月8日、DAZNのライバルに当たるスポーツ動画配信サービス「スポナビライブ」を終了すると発表したのだ。

ソフトバンクは2016年3月よりプロ野球やプロバスケットボール「Bリーグ」などの試合が定額で視聴できる「スポナビライブ」を提供してきたが、2018年5月をもって終了すると発表した。写真は5月10日のソフトバンク決算説明会より(筆者撮影)
ソフトバンクは2016年3月よりプロ野球やプロバスケットボール「Bリーグ」などの試合が定額で視聴できる「スポナビライブ」を提供してきたが、2018年5月をもって終了すると発表した。写真は5月10日のソフトバンク決算説明会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 スポナビライブは2月13日に新規申し込みを終了し、5月31日をもって終了するとのこと。一方スポナビライブで配信しているコンテンツは、一部を除きDAZNで提供されるという。DAZNでは加入中のスポナビライブ会員向けに、月額980円で利用できる「スポナビライブ会員向け特別割引プラン」を提供し、移行促進を図るようだ。

 スポナビライブはプロ野球12球団のうち10球団の試合を配信(DAZNは2球団)するなど、日本で人気が高いプロ野球に強みを持つ。加えてソフトバンク自体がBリーグの最上位スポンサーとなっていることもあり、プロバスケットボールの試合配信にも力を入れるなど、コンテンツ面で見ればDAZNと比べても優位に立っている部分もあった。

 加えてDAZNがNTTドコモと組んで販売を拡大していたのと同様、ソフトバンクの携帯電話のユーザーに対して料金面で優遇を打ち出すなど、販売面でのメリットもあったはずだ。にもかかわらず、ソフトバンクがスポナビライブをたった2年という短期間のうちに終了させるという判断を下したのは気になる。