PR

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が共同で発表した、SMSに代わる新しいメッセージサービス「+メッセージ」。内容がLINEに近いことから、キャリアの「LINE対抗策」として注目されている。その真の狙いは、コミュニケーションとは別のところにあると筆者は見ている。

キャリアのLINE対抗策として注目

 2018年4月10日に携帯大手3社が発表した+メッセージ。携帯電話同士でメッセージをやり取りするショートメッセージサービス(SMS)を高度化したサービスとして、5月9日よりサービスを開始する予定だという。

 +メッセージはSMSと同様、電話番号を用いてメッセージのやり取りをするコミュニケーションサービスだが、最大の違いはやり取りできる内容が大幅に進化していること。SMSでは全角70文字という短いテキストしか扱えなかったが、+メッセージでは全角2730文字のテキストや最大100MBの写真や動画、そしてスタンプなどのやり取りも可能になったのである。

 さらに+メッセージは課金の体系もSMSから大きく変化した。SMSは1通送るたびに3円前後の料金が取られていたが、+メッセージでは他のメッセンジャーアプリなどと同様、データ通信料のみを取る形に変わっている。ユーザー側にとってデータ通信料のほうが圧倒的に安いため、利用コストは大幅に抑えられることとなる。

携帯大手3社が共同で提供することを発表した「+メッセージ」。SMSのように電話番号を使ったコミュニケーションサービスながら、より長い文字や画像、スタンプなどを送り合える。写真は4月10日の「新たなコミュニケーションサービスについての記者説明会」より(筆者撮影)
携帯大手3社が共同で提供することを発表した「+メッセージ」。SMSのように電話番号を使ったコミュニケーションサービスながら、より長い文字や画像、スタンプなどを送り合える。写真は4月10日の「新たなコミュニケーションサービスについての記者説明会」より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした+メッセージの内容を見て、多くの人は「LINEのようなサービス」と感じることだろう。実際+メッセージに関する報道を見ると、「キャリアのLINE対抗サービス」として捉えられていることが多い。

 同日に実施された発表会で、NTTドコモのスマートライフビジネス本部 スマートライフ推進部 コミュニケーションサービス担当部長である藤間良樹氏は、「(LINEへの)対抗という意識はない」と話している。だがサービス内容がLINEにかなり近いだけに、LINEへの対抗という狙いが全くないとは言い切れないだろう。

3社を代表して「+メッセージ」の内容を説明するNTTドコモ スマートライフビジネス本部 スマートライフ推進部 コミュニケーションサービス担当部長の藤間良樹氏。写真は4月10日の「新たなコミュニケーションサービスについての記者説明会」より(筆者撮影)
3社を代表して「+メッセージ」の内容を説明するNTTドコモ スマートライフビジネス本部 スマートライフ推進部 コミュニケーションサービス担当部長の藤間良樹氏。写真は4月10日の「新たなコミュニケーションサービスについての記者説明会」より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかしながら+メッセージを提供する主目的が、LINEからコミュニケーション需要を取り戻すことなのだろうか。そうではないと筆者は見る。3社の主眼にあるのはむしろ、従来のSMSでは生かしきれなかった電話番号の価値を発揮したビジネスの展開ではないだろうか。